英会話を取得したい人に

パソコン

マンツーマンで学べる

数多くの日本人や韓国人が英語を習得するために選ぶ最も近い英語圏が、フィリピンでありフィリピン語学留学です。フィリピン語学留学の際に、重要になってくるのがどの語学学校で英語を学ぶかということです。もちろん、どの語学学校でも多彩なコースを設けているのでそのコースを選ぶことも大切です。語学学校の種類は、費用は高くつきますがリゾートを重視した語学学校もあり、遊びと英語習得を両立させたい人にはおすすめです。また、スパルタ学校と呼ばれる語学学校もあり、こちらは1日の学習時間が約12時間と長く、平日は学校の外には出られないルールがある学校もあります。そして、一般的な学校もあり、こちらは1日の学習量が8時間なのでさほどきつくもなく、ゆるすぎることもない語学学校です。また、語学学校にはオーナーの国籍によって食事内容に差があり、韓国人オーナーの語学学校だとキムチなど辛いものが多くなり、日本人オーナーだと日本食が多く出されます。フィリピン語学留学の特徴は、マンツーマンでの授業が基本にあり、それから少人数や大人数でのグループ授業がプラスされます。その他には、TOEFLやTOEICのスコアアップに特化したものやビジネスで使う英語を学べるところもあります。ただ、フィリピン語学留学で留学先となる語学学校の多くは、日常で英語をどれくらい喋られるようになるのかやより高度な英会話がスムーズにできるようになるための授業に力を入れている学校が多いです。

Copyright© 2017 語学留学を検討しているなら注目【特徴を徹底解説】 All Rights Reserved.